子どもたちを両親に見ていてもらい、主人と芝居を見にいきました。

久しぶりの母校です。

大学時代の恩師からの情報で、2011年の学生の卒業プロジェクトの舞台があると聞いて
行くことに。

毎年のことながら、本当にプロ同然の舞台。
学生はもちろん、先生方の本気の取り組み。
本物が本気を出すとここまでのことが学生でもできるんだと感動します。

今回は3時間もの長い芝居でした。
休憩は10分。
でもそれを長いと感じさせない舞台転換やセリフのテンポであっという間でした。

388724_237329876342870_100001975793903_555084_1212600315_n
舞台のチラシ

内容はかなりシリアスだったけれど、本当によく頑張っていました。皆さん。
舞台も、音響も、照明もすべて学生たち。
監督はプロ。
ここまでできるんだなあ。学生の舞台でも。

改めて、ここの学生だったことを誇りに思い、太宰久夫先生に感謝。


398038_270937669638142_100001657342443_734285_1028128229_n
オールプロダクションメンバー125名!!
先生のfacebookからの写真(頂きます!)

すごい素敵な笑顔。みんなの未来が輝いていますように。


ここのところ、いろいろモヤモヤしていたものがかなり吹き飛びました。
私も頑張るぞ~~~!!