カリヨンの幼児クラスのレッスンは「うた」だけでなくて
絵も描きます。


今月のレッスンは、絵本「ムニャムニャゆきのバス」という
ちょっと変わった長新太さんのナンセンス絵本。
絵本からいろんなおきゃくさんが降りてきます。

トマトだったり、さかなだったり、昔の人だったり、透明人間も・・。

子どもたちはちょっと怖いみたいだけど、大人気の絵本です。


今週は道や河原に落ちているお気に入りの石を拾ってきてもらって
その石をおきゃくさんにして、みんなに石に絵を描いてもらっています。

その絵の発想力ったら面白すぎます。
私も一応「こんな感じで」という見本を作りますが、そうくるか!!って
いうのばかりで関心しちゃいます。

DVC00243
タクシーに乗っている女の子 
ちゃんと女の子がタクシーに乗り降りできる

DVC00248
お花畑の女の子 石はリボンですって

DVC00247
すいかといす
おきゃくさんがいすに座っているところ


年中さんと年長さんの絵です。
みんな悩むことなく、ものすごい集中して描いていました。
想像するってすごく大事だし、それを素直に表すことも
大切ですよね。
歌にも、もちろんつながります。

大人になるとつい、いろいろ考えてしまうけれど。
子どもから学ぶこと多いです。