今週のレッスン、あかちゃんクラスは「すりすりももんちゃん」という絵本です。
ももんちゃんという1歳くらいかなあ。。。の、あかちゃんに、犬やきんぎょやサボテン!!がすりすりして「ももんちゃんいいにおーい」と言います。
最後はママのにおいが1番いいにおいなんですけど。

レッスンではいろんなものにすりすりしてみました。
ぷちぷちの緩衝材、冷たい保冷財、ほわほわのガーゼ、つるつるの木のおもちゃ、ザラザラのたわし、つんつんの松ぼっくり!!

松ぼっくりを見たママたちは「わ、久しぶりに触ったー!」と言っていました。
そうかあ。これはここの近くの公園で拾ったんですが・・。

つい去年までみなさんママではなかったし、毎日お仕事してたし。公園でのーんびりということも、周りをゆっくり見ることも、何かをじっくり触ることもほんとになかったのですね。

ママになったからといってゆっくりしている場合ではなく、違った意味で忙しくしていると思うけれど、あかちゃん目線になって、じっくりと何かに向き合うということも、カリヨンのレッスンを通してできたらいいなーと思うのでした。

レッスンの最後の方で、りゅうのすけがお友達のほっぺにすりすりして何度も近づいていました。そのたびに拒否されるりゅうのすけ悲しいそんな姿がとても微笑ましいレッスンでした。