久々に妹と自由が丘デートをしました。
お互い結婚する前はいっつも一緒にいました。買い物も、海外旅行もいつも2人でした。
でも最近は近況を報告しあうくらいで、2人でゆっくり会うことはほとんどありませんでした。

今日は久々の自由が丘。
大好きな町なので、どこに何があるか、すぐに分かります。
いつもの洋服屋さん、雑貨屋さん、古本屋さん。行きたいところはすべて行きつくしました。
なーんにも気を使わず、でもお互いの欲しいものや似合いそうなものは手に取るように分かって、やっぱり姉妹ってすごいわあと思います。

大満足の買い物の後、
「今日はおねえちゃんにプレゼントがあるんだ」
とのこと。

f6efcda5.jpg


「これ!!」

絵本です。
フルーツや野菜で動物を作っているんです。この果物はなに?
みたいなものから、これなら私にも作れるかしら?というものまで
面白い詩と一緒に書いてあります。
なんとこの絵本はイランからきたのです。
妹は大学の時、イラン映画を専門に卒論を書いたほど、イラン映画通。
難しい映画もたくさんあるけど、こんなにも愉快な絵本もあるんですね。

「私が持ってるより、おねちゃんの方がカリヨンでも使えると思って」
とのこと。
「そうね、そうね。よくお分かり。みんな喜ぶわ。」

みんなに今度見せるね!


帰りは別々の家に帰るんだね。
なんだか変な感じ。
ちょっと別れがたく、ホームで何度も手を振ってしまいました。
また行こうね!