午前中はベビールームの子どもたちのコンサート。
コンサートは前半に、ベビールームを卒園する子どもたちのお別れ会も
やりました。
この子たちは人生(だってまだ0、1歳の子も)初めての「別れ」なんだろうな。
先生からお別れのペンダントをもらって、嬉しそうな顔をしていたけれど、、
もうお別れなんだよね・・・。
先生たちはきっと寂しいけれど、みんなは新しい友達や、新しい世界が待っている
もんね。
コンサートはいつも通り、みんな夢中でニコニコして歌っていました。
もうお別れの子もずっと覚えていてくれるといいな。

午後は龍厳寺保育園クラスの今年度最後のレッスン。
幼児クラスの年長さんは半分以上が今日で最後です。
このクラスは年少さんからのメンバーがほとんどで、まず、レッスンの部屋に子ども
だけで来られるかというところからのスタートでした。
ものすごく、やんちゃクラスでカリヨンを始めて間もなかった私は随分泣かされたもの
でした。
最後にみんなで「はじめのいっぽ」を歌いました。
そしたら、なんだかいろんなことがいっぺんに思い出されて泣いてしまいました・・・。
子どもたちがびっくりして、最後の子も
「たくさんあそびにくるよ、せんせい!」
となぐさめてくれました。ごめんね。泣き虫で・・・・。
久々に泣いたな。しかも子どもたちの前で!

そのあと、小学生クラス。
ここはお別れの子はいませんでしたが、小学6年生の男の子が卒業です。
みんなの前でちゃんと卒業できました。
なんと全員にお手紙つきのプレゼントを用意してきてくれました。
ちょっと恥ずかしそうにプレゼントを渡す姿やそれをもらうときのみんなの顔を
私は忘れないだろな。
彼はカリヨン初OBとしてこれからもレッスンに来てお手伝いしてくれることに
なりました。

私にとってはカリヨン初の卒業生です。
これから何人の子どもたちが卒業していくんだろう。。。
でも幼児から小学生という大事な時を一緒に過ごした仲間はきっと
みんなにとっても大切な仲間になっていると思います。
「歌」を通して、そういう仲間を作っていける場であることも、
カリヨンのいいところだなと改めて思うのでした。
49cd4ed6.jpg

龍厳寺の小学生のみんな・・・。

そして佳子先生もお疲れ様。
いつでも待ってまーす。