carillon平松あずさのブログ

http://carillon-music.jp 音の教室カリヨン

「カリヨン」とはヨーロッパ地方の鐘を意味します。でも、この鐘は1つでは「カリヨン」とは呼びません。
いくつかの鐘が合わさって初めて「カリヨン」というのです。
みんなのたくさんの声が合わさって大きな「カリヨン」を鳴らし、みなさんに幸せがやってきますように。

このブログではカリヨン主宰平松あずさの日々の暮らしやレッスンのことを発信していきます。

2006年07月

30に・・・

なんと大雨の一日・・・。
雨女の私の誕生日にぴったりです。。。

今日で30才になりました。
ついに。
「先生なんさい?」
とよく子どもたちに質問されていましたが、
今日で30才なんですよー。

子どものときは自分が30才になることなんて
永遠にないんじゃないかってくらい遠くに
感じて、大人な感じがしましたが、
いざなってみると、ちゃんと「大人」に
なっているのかなーと思います。


昼間、久々にきよみ先生がお家に来てくれて
お祝いしてくれました。長々といっぱいお話しました。
いつもほとんど毎日会っていたので、
たかが数週間ぶりでもとっても久々に感じます。

夜は家族みんなでお祝いしてくれました。
初めて息子との誕生日。
なんか不思議な感じです。
これからはこれが普通になっていくんですね。

919da122.jpg

ぎゃー30本のろうそく!

30代、どんなふうになっていくのかなー。
素敵にキラキラした女性になるように
歳を重ねていきたいと思います。

命名

昨日は赤ちゃんのお七夜(11日も過ぎてましたが)をしました。
親戚が集まってお祝いをしてもらいました。

赤ちゃんの名前を言ってなかった。
意図的に載せなかったのではなく、単に忘れてたのです。。
「名前は決まりましたか?」ってメールをたくさん頂いていました。

名前は「龍之祐(りゅうのすけ)」くんです。
afb93d75.jpg


名前負けしないようにしないと。
どうぞよろしくお願いします。


さあ、カリヨンのみんなはいよいよ夏休みかな?
海に行くのかな?山に行くのかな?おばあちゃん家かな?
たくさん遊んで真っ黒になってきてね。

思うこと

やっぱり掃除機はそういう効果があるらしい!!
とカリヨンのお母さんからメールを頂きました。
そうかそうか。やっぱり。
あとテレビのジーっていう音もそうらしいです。

そういえば、なんだか出産してからというもの
全くテレビを見ていません。
何をしてるんでしょ。
時間があーーーっという間に過ぎていくんですよね。
規則正しく。
しばらくはこのペースか。
でも、今までにない感じですね。

しかし、赤ちゃんて生後数日間は毎日顔が変わりますね。
あと、表情や動き方も。
「さっきはそんなことできなかったのに!」
ということがいっぱい。
ものすごい勢いで成長してるんですね。
背だってもう2センチくらい伸びてるし。

笑ったり泣いたりしかめっ面したり、百面相です。
本人はまだ感情とかでやってるんじゃないと思いますが、
周りを和ませてくれて、神様がみんなが周りに
集まってくるように作ったとしか思えない!!
すごいですねえ。


頂くメールは実体験が多くて、
みなさんそれぞれ大変な思いをして産んだんだなーと
思います。

カリヨンのみんな!!
ママは大変だったんだぞー。
たっぷり親孝行してるかな。


なんだか日々、子ネタになりそうです・・。




ありがとうございます

すごい雨が降ってきました。
真夏のような暑さと雨・・・。
もう夏はすぐそこですね。

さて、
昨日の報告ブログ。大勢の方に見ていただいたようで、
たくさんのメールをいただきました。

皆さん一様に
『お返事はいいのでゆっくり休んでくださいね』
とのこと。
ほんとにみなさんが最後の1行に書いてあるので、
さすが経験者だわ・・と思ってしまいました。

お返事の変わりに今日もブログを書きます。


みんな心配してくださっていたんですね。
ほんとに嬉しいです。
このブログのアクセス数を見たら、大体平均して、
一日に20~30件くらいなんですが、
予定日の7月5日と1週間後の昨日だけ70件にも
達していました。
それだけでも感動してしまいます。

赤ちゃんは入院中は一晩中起きていましたが、
だんだん1回にたくさん母乳を飲み、
ここのところ、夜中は1回しか起きません。
ですので、私もぐっすり・・・。
これからどうなるか分かりませんが。
でもきっといつもカリヨンの子どもたちの
歌を聴いてここまできたので、きっと
満ち足りてるんです。

今日発見したのですが、掃除機の音を聞かすと
妙におとなしくなります。
あんな爆音なのに!
すごい泣いていても泣き止みます。
もしかしたらお腹の中にいるときの
音に似ているのかな?と思ったり。
そういう経験なかったでしょうか?

ですので、今日は掃除機の音を出したまま
爆音の中で沐浴をしてみました。
大成功でした^^

お薦め体験談があったら教えてくださいね。


退院して戻ってきたら、それまで入院中は一度も
かかってこなかったのに、不思議とコンサート依頼の
電話がありました。
仕事も頑張ってってこと?

みんなが待っていてくれるんですもんね。
頑張ります!




産まれました!!報告

こんにちは。やっとパソコンに向かえましたー。
昨日退院してきました。
たくさんのアクセスありがとうございます。

7月5日夜、8時29分、3190グラムの男の子が産まれました。
ジャスト40週0日。予定日通りの出産でした。
c10dfc70.jpg

産まれて30分の写真


分娩時間6時間38分だそうです。初産にしては、きっと?安産?なのでは。
でも、もう私にとっては限界の時間でした。
みなさんに
「きっと安産ですよー」
と言われ続け、自分でも、ちょっと軽い気持ちで望みましたが、
甘かった。。。。
もう絶叫でした。
永遠にこの時間は終らないんじゃないかと思いました。

自分の未熟さと、そして、命が産まれてくる尊さを実感しました。
あー、自分もこうやって産まれて来たのかとか、こんなに
みんなに喜ばれて、迎えられて産まれてきたのかとか。

立ち会ってくれた主人は、
「産まれる直前までは『人が生まれるってなんて残酷なんだー』と
涙が出たけど、産まれた瞬間は全く別の感動で涙が出た」
と言っていました。

そう、
生と死は隣り合わせで、残酷と幸福も正反対だけどすごく近くに
あるんですね。

産んだ病院のことを書いておきます。
素晴らしかったから。
世田谷区の国立成育医療センターというところで
産みました。
もともとは異常があったりする時専門の病院だったそうですが、
最近は一般の人も受け入れています。

私の担当だった助産婦のOさん。
この方がいなければ途中でくたばってました。
産まれるほんとに直前まで、お医者さんは来ません。
それまでずっとこの助産婦さんが私を
励まし、声かけしてくださいます。
「もっと、こういうふうに呼吸してみて」とか
「ここでは、こうやって」とか。
絶叫というか発狂する私を、全く顔色を変えず
冷静にやさしく誘導してくれました。
あー、もー、思い出してきた・・・。
そして、赤ちゃんをしっかり受け止めてくれました。

「すごい仕事だーーー・・・・」
もう、まずつぶやいてしまいました。
年令はきっと私と同じくらいか。。
その後の入院生活も、それはそれは機敏に的確に
働いていました。

彼女以外の方々も全員女性で、若くて、
きびきびと仕事をこなし、産まれたばかりの赤ちゃんと
不安で仕方ない新米ママたちを温かく見守ってくれて
いました。

同じ女性として、本当に頭が下がります。

帰りにしっかり、カリヨンのパンフ渡してきちゃった。
ぬかりない私。
きっとこのHPも見てくださってることと思います。
ありがとうございました!


さあ、ここからが新たなスタートなわけですね。
まだ、ほとんど徹夜続きで、足はパンパンに腫れあがり、
あちこち痛くてなかなか動けませんが、
この子をしっかりと受け止めて、育児にも仕事にも
精一杯頑張っていこうと思います。

早くみんなに会わせたいです。
待っててね。


連絡が遅くなってごめんなさい。
元気です。母子ともに。

HPを見られない方がいましたら、どうぞお伝えくださいね。
とりあえず報告でした☆

4e3ec816.jpg


退院してきた時

azusa NEWS
音の教室カリヨン
http://carillon-music.jp

NEWS
■掲載中■

☆ミキハウス子育て総研 ハッピーノート.com
http://www.happy-note.com
“輝くママ第一期生”に認定を頂きました。
~輝くママのNEWなおはなし~にて執筆連載中!
「絵本とうたで子どもと遊ぶ!!」

☆ケータイと一緒に読む次世代ママの口コミ情報サイト
“Jenelyno”愛されママブロガーとして発信中!
http://www.jene.jp/

☆雑誌「baby life no.17」エイ出版社
p190-193 元フジテレビアナウンサー大橋マキさんと対談

☆雑誌「田園都市生活 no.43」エイ出版社
p114-115 IKEA特集で自宅紹介

■発売■
カリヨンオリジナルCD『うたがいっぱい』
ユニバーサルミュージック製作 

CD『歌い継ぎたい遊び歌』
ユニバーサルミュージック製作
あずさ、カリヨン合唱団小学生 歌

CD『サウンドスキップ』
ユニバーサルミュージック製作
千趣会マンスリークラブ
あずさ 監修 歌
カリヨン合唱団小学生 歌






記事検索
プロフィール

carillonhp

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ